新世界グリル梵(ぼん)のヘレカツサンド 新大阪駅|新幹線「エキマルシェ」で買える関西土産の新定番 パン旅5

「新世界グリル梵」のヘレカツ(ビフカツ)サンド

2017年10月、久しぶりに大阪へ行ったら、新大阪駅に新しく「エキマルシェ新大阪」ができて、とてもきれいになっていました。

大阪らしいお土産やイートインが並び、ワクワクしながら物色していたら、「新世界グリル梵(ぼん)」のヘレカツサンドを見つけました。

反射的に購入!

ヘレカツサンド(ビフカツサンド)は、関西だけの隠れグルメ!

ビフカツは関西では一般的な洋食ですが、関東で食べられるところはあまりありません。

と言うか、東の人は、ほとんどその存在を知らない(多分)。

15年くらい前は、関西でも、ヘレカツサンドというと神戸の「欧風料理もん」や京都「はふう」、大阪堂島の「新世界グリル梵(ぼん)」など、超老舗くらいしか見つけることができませんでした(スマホもなかったし)。

私は関西を訪れるたびに、これらのお店でテイクアウトしていました。

思えば、初めて大阪心斎橋の洋食屋さんでビフカツを食べた時は、おいしくて震えました。

今や関西土産として、至るところにビフカツが!

「関東には無い」ということが知れ渡ったのでしょうか。
関西のお土産として地位を確立したかのように、いつのまにかあちこちで買えるようになりました。

嬉しい。

といっても、値段はお高めです。
「梵」のビーフヘレカツサンドは2200円。ハーフサイズで1050円。

新世界グリル梵」は、東京・銀座にも支店がありますが、どうも東京で買うのはピンとこなくて、まだ行っていません(東京店はテイクアウト専門店)。

いっとき、東京駅のお弁当屋さんでも販売していましたが、それもなくなってしまいました。
やはり関東の人は、ヘレカツ(ビフカツ)を知らないのだと思います・・・。

ちなみに、京都で展開しているパンのチェーン店「志津屋」さんには、「元祖ビーフカツサンド」という商品があります。

 

この記事を書いた人

ひいらぎ

ひいらぎ

"ひいらぎ"と申します。

東京在住。

小さい頃からSF、タイムトラベル、異次元、吸血鬼、輪廻転生など、見えない世界、異質な世界にとても興味がありました。

現在は、古神道を学びながら、全国の神社をご参拝しています。