金刀比羅宮(ことひらぐう)通称こんぴらさん(4) 香川県|参道グルメ うどんとスイーツ

【古神道の勉強をしながら全国の神社をご参拝しています】

香川県にある金刀比羅宮、通称こんぴらさんをご参拝しました。

朝食は、表参道でセルフの讃岐うどんにチャレンジ

琴平駅に朝10時過ぎに着いたため、朝ごはんは表参道で讃岐うどんをいただくことにしました。

表参道入ってすぐのところにある「てんてこ舞い」さんです。
朝9時30分開店なので、遅めの朝食にちょうどよい感じ。

しょうゆ ひやで!

朝から気温が高く、生醤油で食べてみたかったので、「しょうゆ ひや」にしました。

うどんの注文をして、トレーをもって進みます。

定番の「ちくわ天」、四国ならではの「じゃこカツ」、そして珍しい「たまご天」

ちょっとよくばりましたが、朝ごはんなので大丈夫かなと。

じゃこ天は食べたことがありますが、じゃこカツははじめてです。たまご天もはじめて。でもうどんにはやっぱりちくわ天が一番合うかも。

お会計の時に、お店のおかみさんが、「大根おろし、もっといる?」というので、「いります!」と答えました。大根おろし大好きなので。

おかみさんは大根おろしを足してくれて、もう一度「もっと?」と聞いてくれました。

揚げ物を3つもとったので、「はい!」と答えたところ、笑いながら「じゃあこれじゃダメだ、ちょっと待って」と言って、別の器にてんこ盛りに大根おろしを入れてくれました。

嬉しい!

それから自分で薬味を盛って、できあがりです。

結構うどんの量が多かったので、もしかして大?と思いましたが、レシートを見ると、小でした。

お店オリジナルの「なんでもだし醤油」をかけて頂きます。「お醤油、かけすぎないでね」とお店のおじさんからアドバイスが。

うどんはこしがあって、おいしく頂きました。

バスガイドさんと運転手さんが2組、食べていました。

お店を出る頃になると、徐々にお客さんが並び始めました。

外に出ると、あちこちにソフトクリームを食べ歩きしている人が。

「嫁入りおいりソフト」

おいりとは、主に香川県から愛媛県にかけて、結婚式の引き出物として使われる縁起物のお菓子だそうです。ソフトクリームの模型の上にぽこぽこ乗っている、ピンクや黄色のかわいいあられ、これが「おいり」です。

変わり種のソフトクリームがたくさんあります。

うどんのかまたまを再現した「かまたまソフト」。本物のネギと醤油を使っているそうです。

金箔ソフト。本物の金箔でぐるっとソフトクリームを包んでいます。785円とちと高い。

香川県ゴールドプロジェクト

いま、香川県はこんぴらさんを中心として、「ゴールドプロジェクト」なるものを展開しています。そのため、金色や金箔を使った商品がいろいろあるそうです。

まぁ金は安定した金属なので、食べても害はないとされていますが。

駅にも「金」がありました。

おいりがのった美しいパフェをどうぞ

ご参拝後は涼しい所でひと休みしたくて、500段目の石段の横にある、資生堂のカフェ&レストラン「神椿」に立ち寄りました。

神社の格式と景観を損ねない、とっても美しいカフェです。

人気No.1の「神椿パフェ」。

その豪華な中身は、

抹茶アイス、白玉、わらび餅、あんこ、寒天、黒蜜、
醤油風味の「チュイール」(焼き菓子)、
和三盆の「シュトロイゼル」(そぼろ状の甘い菓子)、
香川特産の「小原紅早生みかんのコンポート」、

そして「おいり」が乗っています。

その他気になったのは、石段の一番下、つまり石段の1段目の隣にあるアカボシ珈琲店。こちらもいい雰囲気でした。

「一生に一度はこんぴら参り」と昔から言われてきた金刀比羅宮。ご参拝できてよかったです。

街全体にも、こんぴらさんで盛り上がろうという空気が満ちていて、元気なエネルギーをいただけた感じがします。

 

☆今日の私は10年後の私より10歳若い☆

この記事を書いた人

ひいらぎ

ひいらぎ

"ひいらぎ"と申します。

東京在住。

小さい頃からSF、タイムトラベル、異次元、吸血鬼、輪廻転生など、見えない世界、異質な世界にとても興味がありました。

現在は、古神道を学びながら、全国の神社をご参拝しています。