神様に会いにいく旅~奈良・できもの封じの神社・石切さんへ続く石切参道商店街は、迷宮のような占いストリート

<古神道を学びながら、全国の神社をご参拝しています>

できもの・癌封じで有名な石切劔箭神社(いしきりつるぎや神社)、通称「石切さん」。

距離的には近鉄けいはんな線「新石切駅」が近いのですが、近鉄奈良線の「石切駅」で降りて、「石切参道商店街」を通って行くのがお勧め、とあちこちに紹介されているので、それに従ってみました。

「石切参道商店街」
そこは、宮崎アニメにでも採用されそうな、世にも不思議な、冥界のような商店街、否、「占いストリート」でした。

16時過ぎるとほとんどのお店が閉まってしまい、残念ながら一見シャッター街のような写真しか取れませんでしたが、昼間はかなりにぎわっているようです。「石切駅」を出てこの商店街を降りていくと、石切劔箭神社に到着します。
この商店街、なにがすごいって、占いのお店ばっかり!

占い、易、陰陽師、運命、鑑定・・・、そんな看板が綿々と続く「占いストリート」。日本中探しても、こんな商店街絶対ない。面白すぎ!怪しすぎ!!

昼間訪れたらこの怪しさも少しは緩和されているのかな。商店街の道幅が狭く、うねっていて、しかも結構長い距離なので、本当に迷宮に迷い込んだような摩訶不思議な感覚です。この道は地元民でない限り、暗くなってから通るのはかなり勇気がいりそうです(だからお百度参りも11回で切り上げた)。

生駒はよもぎも有名らしく、よもぎうどんやよもぎ団子といった看板も見られました。お漬物屋さんも多いようです。

商店街のHPはかなり充実しています。夕暮れ時と違って、昼間行くとかなり楽しそう。

今回は、奈良から京都に向かう途中で急遽こちらの神社に寄らせて頂くことにしたので、にぎやかな昼間に来られなかったのがとても残念。

石切さんは境内も結構広く、ゆっくりと訪れたい神社です。もう一度ご参拝させて頂き、帰りはこの商店街を心ゆくまで堪能したいと、なぜか強く思ってしまう場所でした。

この記事を書いた人

ひいらぎ

ひいらぎ

"ひいらぎ"と申します。

東京在住。

小さい頃からSF、タイムトラベル、異次元、吸血鬼、輪廻転生など、見えない世界、異質な世界にとても興味がありました。

現在は、古神道を学びながら、全国の神社をご参拝しています。