「夏越大祓」で家の近くの鎮守神社にお参り|聖地・神社への旅

-古神道の勉強をしながら、全国の神社をご参拝しています-

6月は、全国の神社で「夏越しの大祓」(なごしのおおはらえ)が行われます。

形代(かたしろ)で体を撫でて罪とけがれを移したり、病気にならないように「茅の輪くぐり」をしたり。

誰でも参加できるありがたいご神事です。

「夏越の大祓」とは

「大祓」(おおはらえ)は年に2回、6月末と12月末に、罪と穢れ(けがれ)をはらいきよめる神事です。

大祓式(おおはらえしき)

半年間の罪や穢(けがれ)を祓い清めるための神事で、毎年6月と12月の2回、その月の末日に行います。6月は「夏越(なごし)の大祓」ともいい、茅で作った大きな輪をくぐる「茅の輪くぐり」も行われます。
大祓では「形代(かたしろ)」と呼ばれる、人の形に切り抜いた紙に名前と年齢を書き、その形代で身体を撫でて息を吹きかけます。そうすることにより、自分の罪や穢を移し、我が身の代わりに清めてもらいます。

【東京大神宮のサイトより引用】

本来、人はきれいな心をもっていますが、日々の暮らしの中で知らず知らずのうちにくもって罪をおかしたり、ケガレに触れたり。きれいな状態から遠ざかってしまいます。

「大祓」は、その知らず知らずのうちについてしまったものを祓い清め、本来の清らかな状態に戻す、というものです。

形代(かたしろ)に、身のケガレを移す

形代(かたしろ。ひとがた)は、どこの神社にも用意されています。

自分の名前と年齢を書き、体をなで(全身、あるいは悪いところ)、息を3回吹きかけます。
体をなでることで身体的な罪ケガレを清め、息を吹きかけることで心のケガレを清めます。

「夏越の大祓」でお祓いした後、河や海に流したり浄火でお焚き上げしたりします(神社によって異なります)。

私の地域の神社は、東京都内の神社の合同神事として、箱根の芦ノ湖に流しています(「大祓形代流し」)。

初穂料は神社によって異なります。無料で受け付けてくれる神社もあります。

初穂料を納めると、お札やご神饌(神様のお下がり)をいただける場合もあります。

夏越の大祓で頂いたお札

同、ご神饌(神様からのおさがり)のお米

「茅の輪くぐり」で夏の病気をふせぐ

「夏越の大祓」には、茅の輪を設ける神社が多数あります。

これは、水辺に生える芽の生命力や殺菌力によって、夏の疫病にかからないようにとの願いが込められています。

くぐりかたは

茅の輪の前で一礼してくぐり、左回りにまわる
茅の輪の前でもう一度一礼して、くぐり、右回りにまわる
さらにもう一度一礼してくぐり、左回りにまわる
もう一度一礼して、まっすぐ拝殿に進み、二礼二拍手一礼する

上から見ると、8の字にまわることになります。

歌を唱えながらくぐります

 【水無月の夏越の祓する人は 千歳の命 延ぶといふなり】
(みなづきの なごしのはらい するひとは ちとせのいのち のぶというなり)

または、
 【祓えたまえ 清めたまえ】
でも良いです。

*各神社に案内が出ています。

有名な神社より、自宅の鎮守神社へ

大きなご神事というと、つい有名な神社へ行きたくなります。
でも自分のことを一番見守ってくれているのは、
「産土神社」(生まれた時に住んでいた家の近くにある神社)と、
「鎮守神社」(現在の自宅の近くにあるの神社)
の神様です。

ぜひ自宅の近くの神様をご参拝ください。

私の鎮守神社の場合は

私の自宅の鎮守神社は、氏子さんたちが大勢集まって、夜7時から「夏越の大祓」が始まります。

ご神職さん達に続いて氏子さん達が茅の輪をくぐり、その後ろに氏子以外の一般の参列者が続きます。大勢のご神職さん達に続いて茅の輪をくぐるのは、やはりありがたい気持ちが増します。

その後、氏子さん達は拝殿へ上がり、お祓いを受けます。ご神事の間、参列者は外から眺めています。

中の流れに合わせて、ご神職さんが外の人もきちんと大麻(おおぬさ)でお祓いをしてくださいます。本当にありがたいです。

祓い清める大麻(おおぬさ)

鎮守神社とは

「鎮守神社」とは、現在住んでいる地域と、その地域に住んでいる人々を守護する神社(神様)です。この鎮守神社へお参りを重ねることにより、日々の暮らしが守られます。

自宅の鎮守神社がわからないという人は、下記を参考にしてみてください(ただし、必ず稲荷神社以外です)。
・自宅の近くの神社
・きちんと掃除がされている神社
・ご参拝して、気持ちがよいと感じる神社

よくわからないという場合は、今回は地域の一宮(いちのみや。その地域で最も格の高い神社)へご参拝すれば良いです。

まとめ

「夏越の大祓」は、この半年間の罪ケガレを祓っていただける、大変ありがたい機会です。

大祓当日でなくても、今日でも明日でもOKです。

こうした機会にご参拝することで、神様とのご縁もよりつながっていきます。

ぜひ自宅や職場の近く神社にお参りすることをお勧めします。

 

 

この記事を書いた人

ひいらぎ

ひいらぎ

"ひいらぎ"と申します。

東京在住。

小さい頃からSF、タイムトラベル、異次元、吸血鬼、輪廻転生など、見えない世界、異質な世界にとても興味がありました。

現在は、古神道を学びながら、全国の神社をご参拝しています。