ミラクル エッシャー展 東京・上野|奇跡のだまし絵を堪能する

東京「上野の森美術館」で、『ミラクルエッシャー展』が開催されています。

エッシャーはだまし絵の天才。
誰でも、ひとつか二つは、エッシャーの絵を見たことがあるはず。

無限に登り続ける階段。永遠に落ち続ける滝の水。魚が鳥になり鳥が屋根になり屋根がチェスになり・・・。

作品数も多く、かなり見ごたえのある展示です
暑い日は、「異次元体験」をしに、涼しい美術館へGO!

エッシャーの類まれな才能は、下記の一文に集約されている

コンピュータのない時代に「版画」で作られた緻密かつ独創的で”ミラクル”な作品は、数学者や建築家といった幅広い専門家やクリエイターに影響を与え、今もなお多くの人々を魅了し続けています。

「ミラクルエッシャー展」公式サイトより

そう、エッシャーは120年前の人。コンピューターはまだない。
それなのに、驚くべき緻密さで作品は構成されています。というか、緻密でないと完璧なだまし絵にならない。

現実にはありえない建物の構造。どう描けば「錯覚」が不自然でなくなるか

エッシャーは錯覚を起こす構造を徹底的に追求したと言われています。

例えば、ベルヴェデーレ(物見の塔)というだまし絵の作品。

一見どこが変なのか、わからなかったりします。
「え?普通の塔じゃん?」ってな感じで。

よくよく見ると、全然普通じゃありません。
ありえない建物です。

展示は8つのパートで構成。エッシャーの作品がどんどん進化していく

エッシャーの進化を時系列で展示しています。

1.科学
2.聖書
3.風景
4.人物
5.広告
6.技法
7.反射
8.錯視

我々がよく知っている作品は、主に8の「錯視」です、多分。

でも全ての作品が面白いので、パート1から本腰入れて観てしまい、肝心のパート8「錯視」にたどり着く頃にはかなり疲れました。

驚いたことに、全て「絵」ではなく「版画」です

この人は版画家です。
作品はみなリトグラフや木版。絵じゃないんです。
どうやって作ってるのかわけわからない感じです。

天才。

エゴはゆるぎなく彼の世界の核であり続ける

展示の中で最も気になった作品が「写像球体を持つ手(球面鏡の自画像)」。

地味だからか、絵葉書も売ってなかったけど、何と、出口でもらったウチワのデザインがそれだった。

ラッキー。

この作品のどこにひかれたかというと、添えられている「解説」の凄まじさだった。
「解説」を読んで、初めてエッシャーのスケールの大きさを感じた。

まず大前提として、この作品、球体の中心は「顔」でなく「目」である。

その上で(以下、覚えている範囲で)

彼がいくらよじったりひっくり返ったりしても、その中心点から逃れられない。彼のエゴはゆるぎなく彼の世界の核であり続ける

彼がいる部屋、座っている椅子、球体を持つ手など、球体の中では全てが歪められ、奇妙な広がりを見せている。しかしその中心点にある彼の(あるいはあなたの)目だけは決して動かない。それがあなたの世界の核であり、逃れられないものである。

つまり世界とはそういうものだ。

世の中がたとえ錯覚でできただまし絵であっても、たとえどんなに歪んでいても、世界の中心にあるのは自分の目であり、揺るがない。自分は自分の中心から逃れられない。

自分の核だけは、錯覚ではない。

エッシャーの世界の全てを語っているような作品で、心にグサッとささりました。

自分を見失いそうになったとき、きっと見たくなる一枚。

エッシャー展は秋には大阪へ

東京は7月29日まで。

その後順次、大阪(11月)、福岡、愛媛と回っていきます。

 

この記事を書いた人

ひいらぎ

ひいらぎ

"ひいらぎ"と申します。

東京在住。

小さい頃からSF、タイムトラベル、異次元、吸血鬼、輪廻転生など、見えない世界、異質な世界にとても興味がありました。

現在は、古神道を学びながら、全国の神社をご参拝しています。