ショーメ。ナポレオンを彩った宝石達の展示会で遊ぶ 東京・丸の内|キラキラ ティアラがいっぱい!

ショーメは1780年パリで創業された、フランスのジュエリーブランド。

ナポレオンと皇后ジョセフィーヌの御用達として知られ、フランスの歴史と共にある高級メゾンです。

そのショーメが、東京丸の内で、日本初の展覧会「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界」を開催しています。
会場内はティアラでいっぱい!

ナポレオンと皇后ジョセフィーヌ御用達の宝石がいっぱい!

ティアラをはじめ、王冠、ネックレス、ブローチなど、約300点のジュエリーと、それらをまとったナポレオンや王妃たちの肖像画が展示されています。

実物の宝石と、それらをまとった肖像画を、対比で見られる!

「あ、このネックレスをこういうふうにまとっていたのね」という感じで、実物の宝石と肖像画を対比しながら見られます。
この展示方法は面白い。

贅の限りを尽くした石の大きさ。そしてデザインの素晴らしさ!

一体、直径何センチ?何カラット?という巨大な石がたくさん使われていて、ヨーロッパ貴族のすごさが伝わってきます。

これら装飾品は、権力の象徴として身にまとったものですから、当然でしょう。

デザインも、ものすごく凝ったものばかり。
お花はもちろん、鳥、植物、透明のタコのネックレスや、日本の神話をモチーフにした雷神などなど、実に楽しいです。

美術科を出た友人が一言
「デザインするの、楽しいだろうなぁ」

デザインして、それが贅の限りを尽くした宝石で次々とカタチになっていくのですから、そりゃあ楽しいでしょう。

まずは公式サイトで、それらの美しさを感じてみてください。

ティアラがたくさん!

「戴冠!ティアラの芸術」という部屋があります。
ここだけ撮影OKです。

たくさんのティアラが展示されています。
うまく自分の頭の位置を合わせると、まるでティアラをつけているような写真が撮れます(背景が黒いので、自分は黒くしか写りませんが)。

キラキラしたティアラが、これでもか、というくらいたくさん展示してあるので、お姫様気分を楽しめます。

レプリカも壁一面に並んでいます。

主催者さんへお願い。
イミテーションでいいので、実際に頭に載せて撮影できるコーナーがあれば、超嬉しかった!

キラキラのティアラ。

これだけ見せられると、女子としてはやはり、実際に頭に載せて写真を撮りたかった。

首から下は、観光地にあるような「看板ドレス」でいいので。。。

こういうコーナー。
主催者側は、もしかしたら安っぽく見えてイヤかもしれませんが、来場者は圧倒的に女子が多いので、ティアラを頭に乗せられたら、年齢関係なく、ものすごーーーーーく、満足度が上がると思います。

だって、宝石は絶対身につけてみたいものですもん(興味ない人は、そもそも来ていないし)。

ショーメ側が嫌がるかな?
でも、来場者の満足度と印象度向上は保証しますよ。

今からでも、ぜひご検討下さい。
そしたらもう一度行きます。

緑いっぱいの「三菱一号館美術館」で、中性フランスへ、タイムトリップ!

実はそれほど期待せずに行ったのですが、思いがけずにフランス貴族&権力の世界に浸り、とても楽しかったです。
想像を超える圧倒的な世界です。

暑い日は、丸の内の美術館で、涼みながらタイムトリップはいかがでしょうか!
ビル自体が緑いっぱい、カフェもあって、素敵な空間です。

東京駅から徒歩3分。
東京駅前の「KITTE」の後ろ、三菱一号館美術館にて。
2018年9月17日まで。

 

 

この記事を書いた人

ひいらぎ

ひいらぎ

"ひいらぎ"と申します。

東京在住。

小さい頃からSF、タイムトラベル、異次元、吸血鬼、輪廻転生など、見えない世界、異質な世界にとても興味がありました。

現在は、古神道を学びながら、全国の神社をご参拝しています。