高知 日曜市【2】|日本一おいしい野村さんの古漬たくあん、1年もの。乳酸菌たっぷりで、添加物なしでもカビません

2018年6月
430店舗が連なる「高知・日曜市」に行きました。

ダントツで一押しは、“野村慎一さんのお漬物”。

大きな木樽の中に、1年物の古漬けたくあんがいっぱい!
日によっては、2年もの、3年ものも並びます。

野村さん曰く、「芯まで乳酸菌がたっぷり入り込んでいるから、うちのたくあんはカビなんか生えないよ」。
本当のお漬物って、そういうものです。

芯まで乳酸菌がたっぷりの、1年古漬けたくあん

このたくあんを買うために高知に行くと行っても過言ではない、野村さんの漬物。
無農薬の大根。添加物一切なし。

カブ、たくあん、キャベツ、白菜です。
「うちの漬物は、真まで乳酸菌たっぷり。だから悪くならないんだよ」

家に帰ったら、ぬかはどうするの?

「ぬかはどうしたらいいですか。落とさないとカビが生えますか?それとも洗っちゃった方が、カビ生える?」

数年前、初めて訪れた時にそう聞いたら、野村さんにあきれた顔をされました。

「あのね、本当の漬物っていうのは、中までしっかり菌が入っているから、カビたり腐ったりしないんだよ」

「家に帰ったらぬかを洗い落としてね。そしたらいつまでももつからね」

野村さんによると、ぬか床から出して店頭に並べた時点から、漬物は空気に触れて、雑菌がたくさん付き始めているそうです。こうなったら、もう洗わないとだめだそう。

だから、持ち帰ったらすぐに洗い流す。

「気になるようだったら、2週間にいっぺん、洗い直すといいよ。そうすればずっと平気よ」
と奥さんも教えてくれます。

「うちの木樽は菌だらけ。顕微鏡で見たらおねーさん卒倒するよ、きっと」と野村さんが笑いました。

古漬けのたくあんは、「しょっぱくなくて、酸っぱい」発酵の味

ここの漬物は、酸っぱくて、いつまでも噛んでいられます。
しょっぱさは感じません。
からだに「発酵」をたくさん送り込んでいる感じです。

野村さんのたくあんを食べてから、よそのたくあんが食べられなくなりました。
時々すごい禁断症状におそわれます。

運がよければ、3年たくあんにも出会える

この日はなかったのですが、2014年10月に来た時は、3年たくあんもありました。

前回の写真です。
色が薄いものから1年(真ん中)、2年(右)、3年(左)です。

少しづつ味は違います。
でも野村さん曰く、1年漬けると、1年も3年も大差ないそうです。

「わざわざ来なくても、電話くれれば送るよ」と仰るのですが、野村さんに会いたいので、わざわざ高知まで行くのです。

そしていつも大量にまとめ買い。

漬物は、ビニール袋に入れて新聞紙に包んでくれます。でも機内の匂い対策として、ホテルに戻ったらさらにジップロックに入れます。

これでしばらくは、野村さんのたくあんを食べられます。
嬉しい!

漬物は日本古来の保存食。
世の中に出回っている添加物だらけのたくあんって、一体何?って思います。

白い産膜酵母菌をカビと間違えないように!

1ヶ月経っても、冷蔵庫の中のたくあんは元気で美味しいです。
でもよく見ると、大根のしっぽなどに白い産膜酵母の菌が出ています。

これ、カビと間違えて、捨てちゃう人がいるかもしれません。
気をつけてください。

カビっぽい白いものは、ぬか漬けにつきものの菌、産膜酵母です。
試しに匂いを嗅いでみても、全くカビ臭くありません。カビはカビ臭がするので、すぐわかります。
産膜酵母菌は洗い流せば何の問題のありません。

慌てないでね。

野村さんの漬物は、「三丁目北193」です。
ここに行くと、いつでも会えます。

<続く>

この記事を書いた人

ひいらぎ

ひいらぎ

"ひいらぎ"と申します。

東京在住。

小さい頃からSF、タイムトラベル、異次元、吸血鬼、輪廻転生など、見えない世界、異質な世界にとても興味がありました。

現在は、古神道を学びながら、全国の神社をご参拝しています。