「5019 (ゴーイング) プレミアム ファクトリー」高知 で、野菜+カツオ+ハンバーグの「龍馬バーガー」を食べる|四国ひとり旅

高知ひとり旅。

夜、野菜たっぷりで、でもちょっとガツンとしたものを食べたいなと思い、こちらに辿り着きました。

5019 ゴーイング プレミアム ファクトリー」の「龍馬バーガー」。

これ、大当たり。ガツンと、見た目も味もおいしい。

高知繁華街。帯屋町アーケードのど真ん中からすぐのところにあります。

「5019」は、ゴーイングと読むそうです。

メニュー。
いろいろすごーーーくおいしそうですが、、初心を貫き「龍馬バーガー」を注文。

Happyアワーでアルコールが安かったので、白ワインを注文。
ハンバーガーを待っている間、写真を撮らせて頂きました。

他のお客さんが写らないように撮っていますが、カウンターもテラス席も、二階席も、常に人が入ったり入れ替わったりしていました。
席がなくて「今日は残念、他に行く」というお客さんも2組いました。

人気!

そして龍馬バーガー。
お肉(ハンバーグ)と、カツオフレークと、野菜です。

「遠慮せずにかぶりついてください」と言われましたが、無理!
フォークとナイフを頂きました。

とーーーってもおいしかったです。

と、ここで疑問。
「龍馬バーガー」でしょ。
ご当地バーガー、でしょ。

お肉入れずに、カツオだけで勝負すればいいのに。

今年は「サババーガー」もブレイクしているのだから、「カツオバーガー」を高知から発信してもいいのに。
惜しいなぁ。

高知は県をあげて、質の良い野菜の栽培に力をいれているので、高知の野菜と高知のカツオ、それだけで十分ブランドになると思うのですが、いかがでしょう。

実は検索している時にも、そういったコメントを何件か見ました。

このままでもとってもおいしかったです。ボリューミー。
でも肉とカツオを合わせるより、高知のカツオ&野菜バーガーの方が、より個性的でヘルシーじゃないかなぁ。
軽いと、若者でなくても食べたくなる!

ぜひ新メニューとして検討してほしいです。

関連ランキング:カフェ | 堀詰駅はりまや橋駅蓮池町通駅

この記事を書いた人

ひいらぎ

ひいらぎ

"ひいらぎ"と申します。

東京在住。

小さい頃からSF、タイムトラベル、異次元、吸血鬼、輪廻転生など、見えない世界、異質な世界にとても興味がありました。

現在は、古神道を学びながら、全国の神社をご参拝しています。