墨繪(すみのえ)パン 新宿・東京|JR新宿駅・西口の名店。しょうが昆布パンにナポリのパイ|パン旅9

JR新宿駅西口「新宿西口メトロ食堂街」に2店舗あり、地味に名店です。

新宿駅に行くと、改札に入る前に、ついつい寄ってしまう。

しょうが昆布パンとごぼうパンが大好きです。
ナスチーズクロワッサンなんていう変わりネタもあり。

こちらのパン屋さん、同じフロアに2店舗もあります。売っているパンは同じです。
セルフ式かショーウインド式かの違い。

やわらかめのフランスパン生地を使った、ちょっと変わった和風パンがおすすめです。

一押しは、しょうが昆布パン

千切りの生姜と昆布の佃煮が入っていますが、昆布は感じません。
生姜を楽しむパン。

半分に割ると、生姜の香りがふわぁーっとあがります。
お、生姜!って感じ。    

アンチョビ&オリーブのパンはワインに合わせて

アンチョビの塩気とオリーブの酸味が何とも言えない。
ワインに合うパンです。

オリーブとは異なるドライトマトの酸味も、味を複雑にしています。 

季節もの。パイナップルココナツパンがおいしかった

夏らしいパイナップルのほのかな甘さが、想像以上においしかった。

定番のナポリのパイ(つぶあん)が美しい

パイ生地とフランスパン記事をそうに重ねたという変わりダネ。
形が美しい。

粒あんといっても、かなりなめらかです。ざっくり&もっちりの食感。

オニオンパンやごぼうパンもおすすめ。なすチーズクロワッサンはまだ未体験

パン生地自体の味がいいので、どのパンもおいしいです。

気になる小さなレストランとバル

隣には、カジュアル西洋レストラン「墨繪(すみのえ)」と「バル3坪(みつぼ)」があります。

どちらもまだ入ったことはないのですが、いつも気になっています。
ひとりでも、ふらっとさくっと入りやすそうな雰囲気です。

この記事を書いた人

ひいらぎ

ひいらぎ

"ひいらぎ"と申します。

東京在住。

小さい頃からSF、タイムトラベル、異次元、吸血鬼、輪廻転生など、見えない世界、異質な世界にとても興味がありました。

現在は、古神道を学びながら、全国の神社をご参拝しています。