「沢田研二50周年記念Live」に行く。ジュリー全50曲を変わらぬ声で熱唱

ジュリーこと沢田研二さんの「デビュー50周年記念ライブ」に行ってきました。ジュリーのライブ、初めてです。

全盛期にあれほど美しかったジュリーも69歳になり、今やすっかりメタボなおじさん。容姿に昔の面影はありません。しかし歌を歌うとまぁびっくり。昔のままどころか、もっと素晴らしいかもしれない。
うっとり、幸せな気分にさせてくれます。

僕のマリー、君だけに愛を、シーサイドバウンド、時の過ぎゆくままに、危険なふたり、追憶、コバルトの季節の中で、勝手にしやがれ、抱きしめたい、ストリッパー、ダーリング、TOKIO、ヤマトより愛をこめて・・・etc.

ジュリーはライブでヒットメドレーを歌わないことで有名ですが、50周年記念とあって、懐かしい歌を中心に全曲1番のみで50曲。最後に長いトークもあり、大満足でした。

沢田研二。40代前半の方はもう知らない方も多いかもしれませんね。私もタイガース時代は覚えていません。
特にファンだったわけではないのですが、最近昔の映像をてあまりの色っぽさにクラクラして、つい「沢田研二 in 夜のヒットスタジオ DVD」を夜中にぽちっと衝動買いしてしまいました。そして気がついたらライブ会場にGo。

ライブといってもNHKホールをはじめ、全国66ヶ所、半年に渡る大コンサートツアーです。会場はやはり50~60代が多く、ご夫婦連れもちらほら、お一人様もあちこち。そして全会場、満席状態です。

今は全くテレビに出ていないジュリーですが、新曲のCDはずっと出し続けています。新しい曲を歌うならテレビにも出るそうなのですが、テレビ局からの要望は “昔のヒット曲” ばかりなので、それはお断りしているようです。

でもあれだけ歌唱力と声量があって、独特の色気と世界観を出して歌えるなら、もっと露出してほしいなぁ。玉置浩二や小田和正、布施明、松山千春など、年をとったなりのいい味を出している歌手はたくさんいます。彼らと共演したら素晴らしいと思うのだけど。

ライブ冒頭、スクリーンに若かりし頃の写真が映され、ファンのうっとりため息がこぼれました。あんなに色っぽくてクールな歌手はもう現代では現れないんじゃないかな。

来年は「70歳記念ライブ」、既に内容を考えているそうです。今回私はこの幸福感を知ってしまったので、来年また行ってしまうだろうな、きっと。
ジュリーの50年を1つにまとめたDVDの発売、どこかで作ってくれることを期待してます。

この記事を書いた人

ひいらぎ

ひいらぎ

"ひいらぎ"と申します。

東京在住。

小さい頃からSF、タイムトラベル、異次元、吸血鬼、輪廻転生など、見えない世界、異質な世界にとても興味がありました。

現在は、古神道を学びながら、全国の神社をご参拝しています。