鼻のほくろを取りました(2)~抜糸まで1週間,そして得た幸福感

ほくろの手術はあっという間に終わり、1週間後に抜糸をしました。
麻酔が切れた後はしばらく疼きましたが、化膿することもなく、ほくろはあっさりと我が人生から去っていきました。

翌月、小鼻の脇の小さめのほくろも取りました。
2個いっぺんに取ることもできましたが、病理検査に出せるほくろの数は月1個とのことなので、2回に分けました。ガンの疑いを持ったことはありませんが、万が一ということもあるので。
ちなみに私がこの悩み解消に要した費用は、保険適用で1個あたり数千円です。

ほくろを除去するのは、意外や男性の営業マンが多いそうです。
男性も好感度を上げるために脱毛やまつげエクステをするような時代ですが、ほくろはその人の印象に影響するので、性別にかかわらず、気になる方は気になるでしょう。女性と違って、男性は化粧や髪型で大きく印象を変えにくいということもあるのかもしれません。

それにしても、「あんなに悩んだことが、こんなにあっさり解決して、気分はスッキリ」。
ほくろというストレスそのものがなくなったこと、そして何より、顔にメスを入れるという怖いコトに挑んだ自分の小さな勇気に、鏡を見るたび心の中でバンザイ三唱です(続く)

この記事を書いた人

ひいらぎ

ひいらぎ

"ひいらぎ"と申します。

東京在住。

小さい頃からSF、タイムトラベル、異次元、吸血鬼、輪廻転生など、見えない世界、異質な世界にとても興味がありました。

現在は、古神道を学びながら、全国の神社をご参拝しています。