心地よく暮らす~エレベーターのボタンは指の関節で押す

エレベーターのボタンを押すとき、指の腹ではなく、関節で押しています。
芸能人でも関節で押す方の話し、時々耳にしますね。

以前はそれほど気にならなかったのですが、出先で手を洗えないままお店に入り、パンをちぎったり、フライドポテトをつまんだりすることがあり、だんだん気になるようになってきました。

エレベーターのボタンって、結構小さな子供が押したがるものです。子供に罪はありませんが、風邪やノロウイルスなど、子供からかかる確率が高いものは多い。
子供のいないオフィスビルでも、くしゃみをしたときに口をおおった手で、そのままボタンを押した人を見たことがあります。

回避できるリスクはできるだけ回避しておきたいのです。

この記事を書いた人

ひいらぎ

ひいらぎ

"ひいらぎ"と申します。

東京在住。

小さい頃からSF、タイムトラベル、異次元、吸血鬼、輪廻転生など、見えない世界、異質な世界にとても興味がありました。

現在は、古神道を学びながら、全国の神社をご参拝しています。