断食10年やってます-定期的に断食して、体重は落ちたところで安定。心と体調は?

断食はある程度定期的に行うと、体の根本に変化が起きてくるようです。
私は2017年は4回、ほぼ3ヶ月おきに二泊三日の断食をして、体重が増えにくくなっていることに気がつきました。

一年に一度くらいの断食をしているときは、体重もさほど減りませんでした。
もともとダイエット目的ではなく、「何か健康によいことをしたい」という気持ちでしたが、定期的に断食を続けることによって生じる心の変化や、持病を持っている方の体調の変化については時々聞く機会があったので、それを実感したいという気持ちは強くありました。

実際、「やってみたら体調が変わったので、また来ました」という参加者は少なくありません。

しかしずっと、自分は特に何も変化もないなぁと思っていましたが、昨年の4回目(坐禅断食は通算8回目)が終わって、帰宅して1週間後、体重が3kg減っていて驚きました。もともと痩せ型なので、体重にそれほどの変化が出たことはなかったのです。

断食はその最中より、終わった直後(概ね1週間位を指すことが多いと思います)の過ごし方がとても大切というのは、どの指導者も言われることだと思います。
一度からっぽになった体に何を入れていくかでその後の自分の体が決まる。

なのでもちろん食べ物には気をつけましたが、体重維持とかカロリーとか、そういうことは考えませんでした。血糖値の急上昇をしないようにしたくらいです。でも前回まではほとんど体重も減らなかったので、今回は明らかに少し違うな、と思いました。
体が記憶するとはこういうことなのか?と、目下観察を続けています。

肝心の心と体調については、残念ながらまだ実感するような変化はありません。
あ、断食のあとはお酒はてきめんに弱くなりますけど。<続く>

この記事を書いた人

ひいらぎ

ひいらぎ

"ひいらぎ"と申します。

東京在住。

小さい頃からSF、タイムトラベル、異次元、吸血鬼、輪廻転生など、見えない世界、異質な世界にとても興味がありました。

現在は、古神道を学びながら、全国の神社をご参拝しています。